レビトラの情報

レビトラの情報

レビトラとは

勃起不全の治療に欠かせないのがED治療薬ですが、その中で一番即効性があり効果が強いとされているのがレビトラです。ドイツのバイエル社が開発し、販売に至りました。日本でも世界誕生の翌年に販売になり、発売当時は大きな話題ともなったのです。それまでED(イーディー)と言う言葉はあまり一般的ではありませんでしたが、レビトラのCMや広告などでその知名度は上がりメジャーとなったのです。レビトラはバイアグラの次に開発されたED治療薬でバイアグラで悩みだった部分を解消することに成功したとも言われています。特に即効性や食事の影響面でなどバイアグラに比べて優性となっています。

レビトラの効果

性行為時に満足に勃起できない時にレビトラを使用するのですが、有効成分であるバルデナフィルはPDE5という酵素を阻害するという作用がありそれにより勃起を促す効果があります。これは男性性器が起つという事に関して血流が関係しており、PDE5が邪魔してしまう事によって血液が男性性器に流れ込まずEDになってしまうので根本的な原因を取り除くことがレビトラの効果となります。しかしPDE5を阻害しただけでは男性性器は起つことはできません。男性性器が起つには脳からの合図が必要で、その合図を出すためにセクシュアリティな行動や刺激が必要となっています。レビトラの効果の最大特徴として即効性があります。これは有効成分が水に溶けやすい性質を持っており、素早く体に浸透するからです。そして効果の継続時間もバイアグラに比べて長くなっており、即効性と持続時間を求める場合はレビトラが向いていると考えられます。

  • 効果の持続時間 5時間から10時間
  • 効果が出る時間 服用から15分から30分

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法ですが通常であれば性行為の30分ほど前に1錠服用してください。早い場合だと15分ほどで実感することができます。食事の影響は受けにくいとされていますので、いつ飲んでも大丈夫でしょう。ただし効果を最大限に発揮したいのであれば何も食べていない時の方がより効果的です。食事をしなければいけない時はなるべく少ない量か内容的にも軽にしてください。飲酒も構いませんが、量が多くなってしまうと性行為どころではありませんし副作用が強く出てしまう可能性もあるのでたしなむ程度がちょうどいいでしょう。

レビトラの副作用

レビトラの副作用ですが、血行を促進する働きがあるので服用後顔がほてったり、目が充血したりします。これは殆どの人が感じる副作用で他にも頭痛や、鼻がつまる、動悸なども感じることがあります。薬の効き目がなくなると同時に、これらの副作用も落ち着いてきますのであまり気にすることでもないでしょう。しかし長時間継続したり症状が重症な場合は病院で先生に診てもらって下さい。

レビトラの注意点

レビトラの注意点

レビトラには使用禁忌の薬や病気があります。特に硝酸剤、抗不整脈薬、HIV治療薬、抗真菌薬の中には併用禁忌の薬がありますので服用している人は必ず病院で確認してください。その他にバルデナフィルにアレルギーがある場合、心臓病、肝機能障害、狭心症、脳梗塞や心筋梗塞、不整脈、重度な腎障害、重度の高血圧や低血圧などは症状が悪化してしまったり、思わぬ副作用を引き起こしてしまう可能性があるので服用することはできません。その他にもレビトラは決められた用量や用法で必ず服用し、効果をさらに得たいがために服用方法を変えたり量を増やしたりなどは決してしないようにお願いします。

レビトラのジェネリック

ジェネリックとは先発薬に対して他の製薬会社が同じ成分で後発薬として新たに開発した医薬品のことを指します。レビトラにいくつかジェネリックが開発されそして販売されていますがその中でも人気が高いのがバリフです。インドの製薬会社であるアジャンタファーマ社が販売しており、1錠250円程で販売されています。レビトラは値段が高いことで有名ですので同じ効果であるバリフが大変人気となっているのです。

レビトラの値段

レビトラは処方箋薬ですが、薬価未収載のためすべて自己負担となり保険が適用されません。病院にもよりますが、日本の東京での相場は1錠1,500円から2,500円となっており、これプラス初診代や診察料がかかることもあります。通販でレビトラを購入した場合少しお安く1錠1400円ほどで買うことができます。

レビトラの購入方法

レビトラの購入方法

レビトラが必要な場合購入方法は2つあります。まず1つ目が病院で先生から処方してもらう方法です。レビトラはマツモ〇キ〇シなどの店頭では買う事はできません。これは薬事法と言う薬に関する法律によって定められており処方箋が必要だからなのです。病院で先生に診断してもらい処方箋をもって薬局に行きましょう。

ではもう一つの購入方法ですが、レビトラを通販で購入する方法です。え?通販で買えるの?と不思議に思うかもしれませんが、これは多くの人が利用している方法でさらには違法性は全くないのです。処方箋薬として定められているのは日本の医薬品のことで海外で販売されているものには関係ないのです。もちろん麻薬法などによって通販できないものもありますが、海外のレビトラで一般的に販売されているものであれば通販することができるのです。この方法を個人輸入と呼び、個人で使う場合には申請を提出する必要がなく、代行サイトなるもので簡単に注文することができます。