バイアグラの情報

バイアグラの情報

バイアグラとは

最近起どうも起ちが悪い・・・起つまでに時間がかかる・・・彼女に固くないと言われてしまった・・・などのお悩みはすべて勃起不全(ED)に当てはまるのです。これらの症状を改善させることができるのがバイアグラなのです。バイアグラは世界で初めてのED治療薬として誕生しました。その当時は男性にとって夢のような薬だというイメージのまま認識が広まりセンセーショナルな話題となったのです。その人気は国境をも超え日本にまで噂が広まりいち早く手にいれようとあまり詳細も分らないまま使用してしまう人が多かったため、世界で始めて販売された翌年に日本での販売も承認されたのです。この承認スピードは異例中の異例でそれだけバイアグラの人気が高かったことも伺えるのです。

バイアグラの効果

主成分であるシルデナフィルはPDE5阻害薬と言う分類に分けられており、勃起を抑え込んでしまう酵素を阻害する働きがありこれにより性行為前に使用することで男性性器が起ちやすくなるのです。PDE5という酵素は通常勃起に関して必要なもので硬くそして大きくなったものを通常の状態へと戻す働きをしてくれるのです。ずっと起ちっぱでは日常生活に支障をきたしてしまうため必ず収まるようになっているのです。しかしこの酵素が常に多くなってしまうと逆に勃起しにくくなってしまうのです。そのためバイアグラを服用することでこの酵素を抑え込み血液が男性性器に流れ込むように促進してくれるのです。

バイアグラだけでなく他のED治療薬も同じなのですが、PDE5という酵素を阻害し血流を良くする効果があるだけで、飲んだだけで勃起したり、催淫効果や、男性性器が大きくなるという効果はありません。服用後かならず勃起させるための合図を脳から発しなければいけない為性的な感情や刺激が必要となります。

  • 効果の持続時間 5時間から6時間
  • 効果の出る時間 服用から30分から1時間

バイアグラの服用方法

バイアグラの服用方法

バイアグラの服用方法ですが、最大の欠点とも言える食事の影響を受けるという事を踏まえてタイミングを気にして服用しなければいけません。もし脂分の多い食事であれば2時間間を開けたとしても効果を得ることは難しいと考えられています。食事がお腹の中にある状態だと十分に効果が得られないので、なるべく空腹時に服用するようにしましょう。もしどうしても食事をしなければいけないのであれば、なるべく重い食事は避け量や質も軽めのものを選びましょう。和食などがあっさりしていてお勧めとなっています。お酒はほどほどであれば緊張をほぐすためにも良いですが、適量を超えてしまうと効果が期待できないどころか副作用が強く出てしまう可能性もあるのでほどほどにしておきましょう。

バイアグラは日本国内では50mgまでと定められていますが、海外では100mgのものも販売されています。日本人は50mgでも十分とされているので100mgを1回で服用するのは避けましょう。(半分にするなどがお得かもしれません)

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用ですが、一番は赤ら顔や顔のほてり、目の充血などがあります。これは殆どの人が感じる副作用で薬が効いてきた証拠でもあるのです。その他にも頭が痛くなる、鼻が詰まる、動悸がするなどもありますが薬が抜けてくると自然とこれら副作用も収まりますのであまり心配はいりません。相手に顔が赤くなるのを知られたくない場合は性行為中電気を消すことをお勧めいたします。もしこれら症状がひどくなったり継続する場合は病院の先生に相談してください。

バイアグラの注意点

バイアグラの注意点

バイアグラを使用する時の注意点ですが、使用できない人がいるという事です。特に硝酸剤、塩酸アミオダロン製剤の一部は併用禁忌薬となっています。その他にも注意薬や、バイアグラにアレルギー反応を起こしたことがある人、心臓病の人、重度の低血圧や高血圧症の人、不整脈の治療をしている人、腎臓病、肝臓病なども使用に関しては必ず病院の先生に確認してください。

バイアグラのジェネリック

ジェネリックは同じ主成分で他の製薬会社が後に開発したもので、バイアグラは特許が切れているので多数の製薬会社から販売されています。その中でも人気が高く知名度があるのはインドのアジャンタファーマ社が販売しているカマグラです。カマグラゴールドとも呼ばれており様々な形態をしていて飲みやすく工夫されています。カマグラは値段も比べてかなり安いため人気となっています。

バイアグラの値段

バイアグラは1錠単位の値段で販売されています。病院処方でも保険は適用されませんのですべて自己負担で10割の支払いとなっています。さらに自由診療ですので病院によって値段が大きく異なる場合もあります。日本の病院での相場は1錠1,500円から2,000円の相場で、そして病院などによっては初診料や診察代などがかかることもあるので、行く前に確認しておきましょう。

バイアグラの購入方法

バイアグラの購入方法

バイアグラは通常日本国内では処方箋薬ですので病院へ行く処方してもらうのですが、実は多くの人が個人輸入として海外からバイアグラを買っているのです。一般的な通販と同じようにネット端末や電話などで注文しそして病院よりも安く誰にも顔を合わせずに手に入れることができるのです。所謂海外からバイアグラを個人輸入するということなのですが専門サイトもたくさん存在しておりその中から信頼がおけるサイトを選出し注文することが一番安全で簡単な購入方法で多くの人が通販を利用しています。