シアリスの情報

シアリスの情報

シアリスとは

ED治療薬3種類の中で世界シェアがナンバーワンなのがシアリスなのです。実は3種類の中でも一番新しく開発されたのですが従来のものより効果が長続きすることが人気の理由となっています。シアリスはアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニーが開発したのですが、今現在で世界100か国以上の国で活躍しています。日本では10年ほど前に承認されており元々は日本イーライリリーが製造、販売元となっていましたが現在では日本新薬が販売受託し販売元が移管されました。これは泌尿器科領域で幅広い実績がある日本新薬に委託することでシアリスの価値を日本でも最大限に高めることができるとの期待から判断されたと考えられます。

シアリスの効果

シアリスの効果

他のED治療薬と同じようにシアリスの効果もPDE5という酵素を阻害する働きを持っており服用することで性行為時に勃起を促してくれます。しかし従来のに比べると異なる性質を持っており、飲んですぐ効果が発揮というのではなく、徐々に効いてくるのです。有効成分はタダラフィルで水などに溶けにくい性質でじわじわ浸透していきます。効果が遅い場合だと服用したから発揮するまでに4時間かかることもあるのです。

しかし自然な勃起を求めている場合や、穏やかな勃起を求めている人にはシアリスを選択すると良いでしょう。そしてこの効果はそのまま長時間継続し最長で36時間も続くので何回も服用する必要もなく、海外などでは旅行などで服用する人も多くなっています。もちろん飲んだだけでは勃起することはなく必ず性的な刺激や感情を与える必要があります。難しく考えず通常の性行為を行っていれば効果を感じることができるでしょう。

  • 効果の継続時間 24時間から36時間
  • 効果の出る時間 1時間から4時間

シアリスの服用方法

シアリスを使用する場合正しい飲み方をすることで最大限の効果を発揮させることができます。効果が表れるまでに個人差がありますので性行為を行う3時間ほど前に服用しておきましょう。水やぬるま湯で飲むのが一番ベストですが影響がないものであれば何で飲んでも構いません。逆に一緒に飲んではいけないのがグレープフルーツの成分が含まれているものです。グレープフルーツジュースなどと一緒にシアリスを飲んでしまうと、副作用が大きく出てしまう可能性があります。フラノクマリンと呼ばれる成分がタダラフィルとの相性が悪いと考えられています。

シアリスは他のED治療薬に比べて食事の影響が受けにくくなりました。そのため食事のタイミングや内容などを気にせず服用することができます。しかし全く影響がない、というわけではないので空腹時に使用できるようであればそれに越したことはありません。シアリスは効果の持続時間が長いため食事前に飲むことも容易と考えられます。

シアリスの副作用

シアリスはバイアグラやレビトラに比べて副作用がかなり少なくなっています。ED治療薬の特徴であった赤ら顔や、目の充血、ほてりなども報告が少なくなっています。シアリスはゆっくりと自然な効果なため副作用もあまり出にくいと考えられます。もちろん医薬品ですので、全く副作用がないわけではないのでももし違和感が続いたり、重症な場合は病院で先生に診てもらいましょう。

シアリスの注意点

シアリスの注意点

シアリスにも併用禁忌薬があります。硝酸剤(ニトログリセリン系)は特に重篤な危険にさらされる可能性がかなり高いので決して併用しないようにして下さい。その他にもシアリスでアレルギー反応があった人や、高血圧症、心臓病、狭心症、腎臓、肝臓病、不整脈などの治療を受けている人は必ず使用に関しては病院の先生に確認してください。

シアリスのジェネリック

シアリスの主成分のタダラフィルを元に開発したED治療薬をシアリスジェネリックと言います。現在インドなどで多く開発されていますが、その中でも人気があるのがシプラ社が開発したタダシップと、サンライズレメディ社が開発したタダライズです。2種類とも効果はシアリスと同等で長時間効果が継続するためタイミングなどを気にせず楽しめることができます。これらは日本では未承認の為日本の病院では処方してもらえず、海外から個人輸入として通販するしか方法はありません。

シアリスの値段

シアリスの値段ですが成分量や病院などによって異なります。10mgで1錠1700円から2500円20mgで1錠2000円~3000円とED治療薬の中でも一番値段設定は高いかもしれません。しかし効果が長続きする分何回も使用しなくていいため、コストパフォーマンス的には変わらないと考えられます。

シアリスの購入方法

シアリスの購入方法

シアリスを今すぐ購入したい!自分の病気のことと相談したい!などとお思いであれば病院に行って先生に診断してもらってから処方してもらいましょう。シアリスは保険がききませんのですべて10割負担となり、さらに病院によって1錠の値段も変わってきますので、もし病院に行くのであれば事前に費用をチェックしておくと良いでしょう。

逆に別に今日、明日欲しいわけではない、1回使ったことがある、安い値段で購入したい、誰にも知られたくないなどの場合は海外からシアリスを通販することができます。個人輸入をするのですが、専用サイトなどがあり一般的な通販サイトと同じように注文することができるので安心して購入することができます。